本文へスキップ

海外旅行の注意点【為替・テロ・病気・麻薬】

海外旅行の注意点【為替・テロ・病気・麻薬】

HEADLINE

海外旅行は、為替、テロ、病気、麻薬などに注意せよ!



あなたは、日本と外国の為替を見たことありますか?

今金融市場が少し混乱していまして、お金の価値が気が付いたら変わっているということがございます。

極端な話、レジに並んでいる間に紙幣の価値が暴落するということも有ります。

クレジットカードの場合、そこまで変動はありませんが、一応金融市場の状態を見てから海外旅行に出かけることをお勧めします。

また、海外で誰かから荷物を預けられた、すり替わったという状態にならないようにしてください。

二重底のトランクの下に違法ドラックなどが入っていることがあります。知らないうちに麻薬の運び屋にされていた、なんてことも有るのです。

シンガポールでは、ある程度の量の麻薬を持っていますと、死刑になることも有ります。

海外旅行では、日本では想定できない事柄が起きます。クレジットカードに付帯して保険があるのはそのためなのです。

ブラジルなどでは窓に柵がついているのが当たり前です。テロ等の可能性がありますから。

後は日本そのほか数各国以外では淡水に浸かる事は止めた方がいいです。菌類が繁殖していまして、そこから病気になってしまうことがあります。

因みに南米には人の体内に入り込んで内臓を食べる魚もいますのでなおさらですよ。

こうしたことはオーバーに伝えているのではなく、外務省のホームページに出ていることなので意識しておいた方が良いでしょう。

またクレジットカード会社によっては旅行前に不安なことの相談に乗ってくれるところもありますので、そうしたサービスがあるところのカードを選んでみましょう。